SUZUKI Cappuccino(スズキ カプチーノ 整備記録簿有)11万km 入庫。

2020/10/16
SUZUKI Cappuccino(スズキ カプチーノ)

SUZUKI Cappuccino  スズキ カプチーノ入庫致しました。実走行距離11万km。

信頼性の高い「F6Aターボエンジン」搭載車。

純正コルドバレッドで外装NewPaint仕上げ、タイミングベルト交換済みです。

実走行距離は11万kmですが、しっかりと点検整備されてきた個体です。点検整備記録簿有り。

ロングノーズ&ショートデッキのオーソドックスなスポーツカースタイル。ボディカラーは艶やかなコルドバレッドで、外装全塗装済みです。

アルミをふんだんに使った軽量ボディ(車両重量700kg)に、軽自動車では例のない4輪ダブルウィッシュボーンサスの組合せで、キビキビした走りが楽しめます。

カプチーノは、フルオープン・タルガトップ・Tバールーフ・ハードトップと4通りのスタイルが堪能できます。取り外したルーフは、トランクに収納できます。

メーカー:SUZUKI(スズキ)

車名:Cappuccino(カプチーノ)

ボディカラー:コルドバレッド

年式:1992年

走行距離:110000km

スズキ製660cc F6Aターボエンジン/64ps/車重700kg

 

詳細は、下記をご覧下さい。

https://open-cars.jp/gallery/

Cappuccino(カプチーノ)とは、

1991年11月発売開始。フロントエンジン・リアドライブ(FR)の駆動方式を採用した軽スポーツカー。

当時のアルトワークスに搭載されたF6A DOHC 3気筒12バルブ インタークーラー・ターボを縦置きに搭載し、64ps/6500rpm 8.7kg/4000rpmを出力。

そのデザインは、ロングノーズ・ショートデッキのオーソドックスなスポーツカースタイルを採用、ルーフは3ピースパネル構成で簡単に脱着可能で取り外せばトランクに収納できるため、Tバールーフ、タルガトップ、フルオープンの3つのエアモータリングを楽しめる。

動力性能を高めるため、フロント51対リア49という理想的な重量配分を実現。4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。ボディーやルーフには随所にアルミニウムをおごり、4輪にブレーキディスクを採用するなど、走りにもずいぶんとこだわったモデルであった。

SUZUKI Cappuccino(スズキ カプチーノ) SUZUKI Cappuccino(スズキ カプチーノ)