CATERHAM SEVEN170(ケータハム セブン 170)プロト 日本上陸

2022/05/23
CATERHAM SEVEN170(ケータハム セブン 170)

2021 年9 月23 日に正式発表された、CATERHAM SEVEN170(ケータハム・セブン170 )シリーズのプロトタイプが、日本初上陸いたしました。

2022年5月21,22日の両日、横浜赤レンガ倉庫にて開催された「LE VOLANT CARS MEET 2022」にてアンヴェイルドとなりました。

 

目に見える範囲だけでも、SEVEN160のウィークポイントとされていたクラッチケーブルは油圧制御クラッチとなり、ウォーターパイプも改善され、エキゾーストマニホールドもストレートパイプ化されており、かなりの進化度合いが確認できました。

これだけでも、トルク感のアップと燃費の向上は簡単に予測する事ができます。期待大です。

価格のアップも納得です。

 

量産開始予定は、2022年10月とのことですが、CATERHAM SEVEN270が生産終了となりますので、少しでも前倒しで出来る事を期待致します。新規オーダーは2年程度納期が掛かりますので、弊社事前オーダー分は「STOCK LIST」にてご確認ください。

 

170S 5,775,000 円(消費税込)
170R 5,995,000 円(消費税込)


生産開始時期:2022 年10 月以降

詳細は、下記の弊社スペシャルページをご覧ください。

CATERHAM SEVEN170 スペシャルページ

seven170.jp

 

初期セブンのパイオニア精神を忠実に守り、「簡素化と軽量化」を実現するため、CATERHAM SEVEN170(ケータハム・セブン170 ) の車両重量(オプション装備による最軽量乾燥重量)は440kg となります。

 

スズキ製660cc ターボチャージャー付きエンジンは62.6kW(85ps)のパワーと116Nm(11.8kgf/m)のトルク発生によりパワーウエイトレシオは193ps/t となり、155/65R14 のタイヤとライブリアアクスルサスペンションと組み合わされます。
簡素化と軽量化は、CO₂排出量の削減に貢献します。0-100km 加速はわずか6.9 秒で達成、最高速度は160km を超えることができますが、SEVEN170 はULEZとEuro6 の両方に適合したケータハムモデル史上最も環境に優しいモデルのひとつとなります。

 

CATERHAM SEVEN170 (ケータハム・セブン170  ) は、前モデルのCATERHAM SEVEN160 にはなかったいくつかの新機能である新しいアロイホイール/リアLED ライト/新ストライプデザインが含まれ、ロード志向のS とサーキット志向のR の2つのモデルから選択できます。

また、CATERHAM SEVEN160 Supersprintに装備された、リアサスペンションのAフレームも引続き装備されます。


CATERHAM SEVEN170 S(ケータハム・セブン170 エス)はよりロード志向のドライバー向けに、5 速ギアボックス、ロードサスペンションパック、14 インチ Junoシルバーアロイ & ポリッシュドリップ + Avon ZT7 タイヤ、フルウインドスクリーン・ソフトトップ&ドア(エアロスクリーンは付属しません)、ブラックレザーシート、Momo ステアリングホイールが標準装備となります。

 

CATERHAM SEVEN170 R(ケータハム・セブン170 アール)は前モデルのCATERHAM SEVEN 160 では選択できなかった追加バリエーションとなり、5 速ギアボックス、スポーツサスペンションパック、14 インチ Juno ブラックアロイ & ポリッシュドリップ + Avon ZT7 タイヤ、コンポジットレースシート、4 点式レースハーネス(車載)、LSD、Momo ステアリングホイール、カーボンダッシュボードが標準装備となります。

CATERHAM SEVEN170(ケータハム セブン 170)

クラッチケーブルは油圧制御クラッチに!

CATERHAM SEVEN170(ケータハム セブン 170)

ウォーターパイプも改善され、エキゾーストマニホールドもストレートパイプ化に!

CATERHAM SEVEN170(ケータハム セブン 170)

新規オーダーは2年程度納期が掛かりますので、弊社事前オーダー分は「STOCK LIST」にてご確認ください。

CATERHAM SEVEN170(ケータハム セブン 170)

新規オーダーは2年程度納期が掛かりますので、弊社事前オーダー分は「STOCK LIST」にてご確認ください。